×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

展望台ロープウェイ駅








『廃墟中毒』
の崖上の展望台。
空色の螺旋階段が、錆に侵されていた。

行きたかった。
見てみたかった。


初めての四国上陸。
瀬戸大橋を渡ったのは、3歳のとき以来。


























そこには、ロープウェイの駅であった証拠は、ほとんど残ってなかったから。

発着点の屋根だけが、彼の存在。
フェンスと有刺鉄線は、廃墟の定番の装飾品。